気まぐれ人間の日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

卒業。

一年って、始まる前は長いように感じるけれど、終わりが近づいてくると、毎日があっという間で、一日一日が貴重な日々に思えてくる。

「今」は、このときしかないんやなという当たり前のことに気付かされる。

 

とうとう六年生が卒業してしまった。

 

一年生として入学してきた日のことをよく覚えている学年だから、六年間があっという間だったように感じる。

この六年間を振り返ると、「あの頃に引き返したい」「また、あのときの空間に戻りたい」と思うことばかりが思い出される。

「もうちょっと3学期が長かったらなぁ。」とも思ってしまう。

 

そんなことは無理なわけで…。

だからこそ、毎日をもっと大切に、二度と戻ってこない日々なのだと感じながら過ごさなければならないのだと、終わりになって思う今。