読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面倒くさがり人間の日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

痛い一週間。

ちょうど一週間前。先週の日曜日。

朝、起きたら、歯茎に痛みを感じました。

「寝すぎたから(同じ姿勢で歯茎を圧迫し続けたから)かなぁ。」とか

「疲れがたまってるからかなぁ。」と思いました。

9月に入ってから、自炊をする時間もなく、「帰ったら、お風呂に入って、買ってきた物を食べて寝る」というだけの日々だったので。

 

翌日、月曜日。

歯茎の痛みが増していました。

たいていの痛みは、寝たら治るんですが、今回は違ったようでした。

まぁ、痛すぎて、ほとんど眠れなかったんですが…。

眠れないし、食べられないし…では、仕事にならないので、夕方、歯医者へ行ってきました。

汗と砂にまみれた仕事着のままでしたが、そんなことも気にならないくらいとっても痛い治療を受け、痛み止めの薬をもらって終わりました。

(もちろん今後もしばらく通うことになりました。)

その後、痛み止めを飲みながら仕事をしました。

薬の効果が切れると痛むので、常に飲みながら過ごしました。

 

翌日、火曜日。

痛み止めを飲まないと、まだ痛みます。

夜中に薬の効果が切れて、痛みで目を覚ましたので、寝不足もひどくなってきました。

 

翌日、水曜日。

爽快に目が覚めました。

痛みが随分やわらいでいます。

時々、痛み止めを飲む程度で過ごせました。

夕方、歯医者へ行って、その後、また仕事に戻って…と、相変わらず、ハードな日々であることには、変わりありませんでしたが、痛みが少ないって、幸せだなぁと思いました。

 

翌日、木曜日。

午前中は、いつも通りの仕事。

午後から、自転車で30分くらいのところで仕事。

その後、また、職場へ戻って仕事。

夕方、また別のところで仕事。

そして、夜にまた職場へ戻って仕事。

としていると、19時頃、妙に腰が痛くなってきました。

腰痛の痛みではなく、風邪をひいたときの関節痛のような。

そうこうしているうちにあらゆるところが痛くなってきて、これは絶対に熱があるなというのがわかりました。

それでも、すぐに帰ることができず、帰宅したのが22時。

寒気&痛み。そして、38度近い熱。完全に風邪です。

とにかく、ポカリを飲んで、暖かくして寝ました。

 

翌日、金曜日。

熱は、微熱程度に下がっていました。

体のだるさはあるものの、関節の痛みはありません。

でも、寒さは感じたので、暖かい服装で出勤しました。

朝の九時から、ほとんどを炎天下で過ごすというハードな一日でしたが(こんな日に限って、久々の快晴)、夕方にはなんと平熱に下がっていました。

大量に汗をかくほど、体を温めたことがよかったのでしょうか…。

まだ、頭の痛みはありましたが、随分元気になりました。

 

そんなこんなで、絶不調の一週間でした。

「もう若くないんやから、無理をしたらあかんのやろうな。」と思う反面、一日で風邪を治すあたりは、「まだまだ若いってことやな。」とも思いました。

まぁ、まともに食べていない・寝ていない生活だと体調を崩すのは当然です。

ある程度、覚悟はしていたけれど、9月はやはりハードです。

 

この週末も、風邪の残りの頭痛と鈍い歯茎の痛みのせいか、悪夢ばかり見ています。

はやく安眠できるようになりたいです。