日々のあれこれ。~わたしのメモ帳~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

冤罪 狭山事件。

たいてい土曜日は、一週間の寝不足を取り戻す日になっていて、お昼くらいまで寝ていることが多い。なんなら、お昼に起きて、ご飯を食べたら、また寝てしまうこともあるくらい。

なのに今日は土曜日のわりには、早起きをすることができた。

 

*****

 

今日は、女性のつどいに行ってきた。

f:id:ama-shinon:20161120000535j:plain

参加した理由は、石川早智子さんのお話が聞きたかったから。

 

わたしが「狭山事件」のことを知ったのは、何年前やろう?

8年くらい前?

でも、それは事件の存在を知っただけ。

本当の意味で知ったのは、ほんの2~3年前、映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」を観たことがきっかけだったような気がする。

 

その後、自分でできる範囲で勉強したし、昨年はありがたいことに2回も石川一雄さんのお話を聞く機会に恵まれた。

知れば知るほど、色々な思いが沸き起こってくる。

「人の人生をなんやと思ってるねん」というような怒り、許せないという腹立たしさ、「無実なのは明らかやのに、」という呆れ、もどかしさ…。

もちろん、それは、警察とか検察とか裁判所とかの権力に対して。

 

と同時に、わたしには何ができるんやろう?とも思う。

具体的な行動と言っても、署名をすることしか思いつかない。

 

今日の講演の中で早智子さんが「たくさんの人に関心を持ってもらいたい。」とおっしゃっていた。

それにつながるのかは、わからないけど、だから、わたしはここに今日の話を書くことにした。

こんなとこ、誰もみてないかもしれんけど。

 

ちなみに、早智子さんの講演のあと、一雄さんも出てきてくださった。

 

*****

 

最近、帰りが遅い日が続いている。

疲れも取れにくくなってきている。

 

無理はしたらあかんなぁ、という思いと、ぶっ倒れるまでやるぞ、とう思いの半々。