読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言として綴る場所・・・

雨の日問題。

雨の日に自転車に乗ったことはありますか?

自転車に乗りながら傘をさしてはいけないことは知っていますか?

だから、わたしはカッパを着るのですが、カッパを着て自転車に乗ったことがありますか?

 

少し前まで、わたしは雨の日が憂鬱で仕方ありませんでした。

カッパを着ていても、濡れるからです。

 

風でフードがすぐに脱げるから頭は濡れちゃうし、

裾はめくれるからズボンや靴下が濡れちゃう。

ひどいときは、前のボタンの隙間から雨が入ってくることもある。

顔面がずぶ濡れになって「お風呂上がりか?」ってなることは、当たり前で仕方のないことでもありました。

 

フードが脱げないようペアピンでとめたり、タオルを顔に巻いたりして、少しでも濡れないような工夫をしたこともあります。

逆に、開き直って全身ずぶ濡れになったこともあります。

 

自転車に屋根をつけたら良いのかなと考えたこともありました。

それらしき自転車をネットでみつけたこともあります。

しかし、高い。

 

そんなあるとき、通りかかったお店で自転車用のレインコートを見つけました。

「雨の日でも全然濡れない」「快適」みたいな感じでした。

少し疑いながらも、試しに買ってみました。

 

一回目は使い方が少し違っていたようで、濡れてしまいました。

「やっぱりそんな夢みたいな商品があるわけないか。」と思いました。

だから、またしばらくは、今までのカッパで濡れ続けました。

 

が、あるとき、「雨なのにカッパがない(職場に置いてきてしまった)」という日があり、仕方なく自転車用レインコートを使うことにしました。

その日は、時間に少し余裕があったんだと思います。

一回目より、きちんと使うことができました。

すると、なんということでしょう。

ほとんど濡れずに目的地まで行くことができたではありませんか。

 

ちなみに、自転車用レインコートというのは、ポンチョみたいになっていて、前がめっちゃ長いのです。

その前の部分を前カゴにかぶせるのです。

頭の部分はもちろんフードですが、透明のサンバイザーみたいなのがついているので、それを顔にかぶせると顔面を雨から守ることができるのです。

だから、頭どころか顔も濡れないし、足元だってほとんど濡れない。

素晴らしいことです。

 

ただ、問題もあります。

その透明のサンバイザー?雨バイザー?は、窓ガラスや眼鏡といっしょで冬は中が曇るんです。

息を止めてたら大丈夫なんですけど。