気まぐれ人間の日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

わたしの風邪の治し方。

ちょっと熱っぽいな、とか

これから熱が出るかもしれないな、とか

38度の熱が出てしまった、とか

いうときの、わたしの風邪の治し方をここに記しておきます。

 

*****

 

●必要なもの

ポカリスエット

・空のペットボトル

・時間

・良さそうな食べ物

 (ねぎ、ほうれんそう、たまごなど)

・着替え、タオルなど

 

 

●方法

ポカリスエットを飲んで、ただひたすら寝る。

ポカリスエットは枕元に置いておき、起き上がらなくても飲める状態にしておく。

 

体が熱くてつらいときは、空のペットボトルに水を入れたものを凍らせ、それをタオルでくるみ、おでこや頬を冷やす。

 

食欲があれば、茹でたほうれんそうやねぎたっぷりの食べ物(お味噌汁やうどん)などを食べる。

それらの食べ物が体の栄養になっていくことをイメージしながら食べると、尚良い。

 

薬(解熱剤)は絶対に飲まない。

熱が上がるのは、体がウイルスとたたかっているから。

そのたたかいに勝つためにも、無理矢理、体温を下げようとは考えず、

体をしっかりと温めてとにかく寝る。

体ががんばってウイルスとたたかっているところをイメージしながら寝ると、尚良い。

 

暑さで汗をかくことが多い。

こまめに着替えられると良いが、着替えるのもしんどいときは、あらかじめ服と体の間にタオルをはさんでおき、汗をかいたら、タオルだけ抜けるようにしておくと寝たままの状態でできるので、楽チン。

 

*****

 

以上の方法で、この10年ほど、対応してきました。

このやり方で、ほとんどの場合は、一晩で復活することができていました。

病院だって、発熱でお世話になったのは、この10年で一回くらいだった気がしています。

 

なのに、今回の体調不良は、ダメでした。

これらがあまり効きませんでした…。

病院にもお世話になりました。

ama-shinon.hatenablog.com

 

でも、これに懲りずに、わたしはこれからも体調不良時は、このやり方でいくのだと思います。

もう少し年を重ねて、自分の免疫力に衰えを感じるまでは。

(今の段階で、少し衰えを感じており、自信も低下していますが…)

 

とにかく、ポカリは常にストックしておきましょう。

大塚製薬 ポカリスエット 500ml×24本