ぐうたら人間のヒトリゴト~滋賀の国から~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

顔面神経麻痺になって思ったこと(1)

約10年前、わたしは、顔面神経麻痺になりました。

完治しましたが、いまだにあくびをするときなんかは、顔がひきつっている感覚があります。



以下、過去の記録をそのまま貼り付け****


1月1日。
出勤。忙しく働く。

1月3日。
出勤前に初詣。おみくじ「大吉」。
なのに晩に自転車がパンク。

1月4日。
晩、歯が激痛で眠れない。

1月5日。
再び、晩、歯痛。

1月7日。
舌に違和感。数日前からの歯痛のせいか?と。

1月8日。
朝から目に違和感。仕事中も笑うと変な感覚。口が開きにくく、お昼ご飯もうまく食べられない。時間が経つにつれ、変な感覚が増す。歯痛のせいで、顔が腫れたのか?と。
帰宅して、鏡を見ると、右半分がおかしい(あまり動いていない)ことに気付く。

1月9日。
歯医者に予約を取ろうと数件に電話をする。なんとか翌日診てもらえるところを発見。
ブクブクうがいが出来なくなる。食事も口がいうことをきかない。

1月10日。
朝一に歯医者。顔のことを聞いてみるが、取り合ってもらえず。
仕事まで時間があったので、藁にもすがる思いで近所のお医者さんに駆け込む。待合室の患者さんの多さに時間が気になり、「仕事があるのでやっぱり良いです」と帰ろうとしたが、あまりの私の顔のおかしさに引き止められ、すぐに診てもらう。
いろんな検査を受ける。

『顔面神経麻痺』と診断される。

歯痛とは何の関係もない。とのこと。
簡単にいうと、バイク事故後の北野武みたいな病気だ。とのこと。(彼は外傷性)

「仕事仕事って顔がどうなっても良いの?」「この病気は発症から10日間ぐらいが勝負なのだから、仕事なんかしてる場合じゃない」「休まないとどうなっても知らないよ」「ひたすら安静にしていなさい」などと先生にいっぱい叱られる。

でも、病気の説明のあとに、「焦らず、気長に病気と付き合っていきましょうね」「一緒に頑張りましょうね」と。

先生の話を聞いてる間は、「なんかドラマの世界みたいやな」と冷静で、どこか人ごとみたいに感じていたのだが、診察室を出てた途端、急に恐ろしさがやってきた。
相変わらず待合室にはたくさんの人が居て、ざわざわしているのだが、
自分の周りだけ音がなくなってしまったような、自分だけ違う世界にいるようなそんな感覚に陥った。

これからの人生どうなるんだろう
わたし、なんか悪いことしたんかな
こんなんでごめんな
賑やかな待合室で孤独感、絶望感に襲われていた。

帰宅後、病気について自分でいろいろ勉強。
弟にも相談。
弟は楽観的で「薬(ステロイド剤)は出来るだけ飲まんほうが良いんでない?」「飲まんくてもそのうち治る」と。
でも私は最悪の事態は避けたかったから、出来る限りのことはしたくて、苦手な薬もキチンと飲んだ。
と同時に「そんなたいしたことない病気なんや」と少しだけ気が楽になった。




1月10日。
味覚が変。味がしない。
瞬きの力がない=コンタクト(ハード)が外せない
水を張った洗面器に顔をつけるが外れない。

1月11日。
コンタクト外し器、購入。

1月12日。
麻痺が進行している。目を閉じる力が低下。
出来るだけ進行を抑えるために薬の量を増やされる。注射も打たれる。

1月13日。
自分で顔を撮影。目が閉じていない。白目が見えている。顔を洗うのも不便。
会話も「バ行」「パ行」「マ行」がうまく発音できない。

1月15日。
発症から一週間経過。
進行期はおそらく終了。

この時期、どんな顔であったか言葉ではうまく表現できない。
左半分は正常・右半分は無表情。
じっとしていたら、そうでもないが、表情を崩すと酷かった。
笑うと、右側全部が左の力にひっぱられて、歪む。
外出時は常に大きなマスクとマフラーで顔を覆っていた。
あの当時の顔を知っているのは、お医者さんと家族ぐらい。


つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村