ぐうたら人間のヒトリゴト~滋賀の国から~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

顔面神経麻痺になって思ったこと(2)

ama-shinon.hatenablog.com
のつづき。


以下、過去の記録を貼り付け*****


療養中は、前向きになったり、後ろ向きになったりしながら、いろんなことを考えた。
病気になったことに対して、何かと意味を見出だそうとした。

「疲れてたから、少しは休みなさいって神様が言うてるのかな」
「仕事、辞めようと思いながらタイミングがわからずズルズルきてたから、神様がきっかけを作ってくれたんかな」

元気なときは「神様」なんて、そっちのけなのに、そういうときだけ、やたらと「神様」と言う言葉が頭の中をよぎる。

五年ぐらい前に買った詩集の中のひとつ。
「かわいそうに神様は
私の中で
生かされたり
殺されたり」

まるでこれ。
普段は「神様」なんて言葉使わないのに、弱ると連呼する。
私って都合が良い人間やな、と思った。


「適当に生きてきたから神様が怒ってるんかな」

たぶん、神様はそんなことはしない。


だって、職場の人が電話で言っていた。
「神様はいじわるなんかしはらへん。
今まで頑張ってきた人にいじわるなんかしはらへん。
ちゃんと神様は頑張ってる人を見ててくれはる。
絶対治るから大丈夫。」

いろいろ考えながら、結局は
「生きていけることに感謝せなあかんよな」
「生きてるだけで丸儲けって、凄い深い言葉やな」
「のんびり行こう」
という思いに突き当たる。

病気と言っても、そんなたいした病ではなく、もちろん命に関わる訳でもなく、私はおおげさに捉らえすぎていたのだと思う。
だが、そのときは「今後」を想像すると、後ろ向きな思いしか出てこなかった。
「今後の生活」を考えると、働いていない・働けない・生活できない・生きていけないことに焦りを感じ、気持ちが真っ暗になった。
確かに尼に帰れば(引っ越せば)、生活には困らないのだろうが、それは私にとって違う次元の話。

冷静になって考えると、本来、病気になったことに意味などあるわけないのだろうが、何かに繋げていかないと気持ちが落ち着かなかった。


そして今まで何も考えずに当たり前に出来ていたこと
コンタクトレンズ
ぶくぶくうがい
洗顔
化粧
ウインク
がつがつ食べる
ヘラヘラ笑う
などが、出来なくなったことで、「当たり前のこと」に感謝するようにもなった。

うちのばあちゃんは病気で右半身が麻痺している。
私は顔だけだが、ばあちゃんは右側全部が麻痺。
顔だけでも大変なのに、右側(利き手がわ)全部が言うこときかないって、どれだけ大変なことなんだろう、と、そのとき初めて実感した。
動かしたくても動かない。
あのもどかしさ。


朝、目が覚める
お腹が空く
…ありがたい。

時間がいっぱいある
好きなだけ本が読める
…ありがたい。

考えてみれば、
ちょうど冬でマスク・マフラーをしててもおかしくない季節
病院だって小さいけれど、たまたま「耳鼻科」もやってる病院
…最高に運が良い。


とにかく、あとになって「病気になってよかった」と言えるぐらいの価値を見出だしたかったし、
私なりに見出だせたとも思う。

おかげで、父は一人でマクドに買い物に行けるようになったし。
な?


つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村