ぐうたら人間のヒトリゴト~職・食・住・読・音~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

絵本「おおかみのおなかのなかで」がおもしろかった。

先日、久々に絵本を買いました。

おおかみのおなかのなかで (児童書)
「おおかみのおなかのなかで」


元々、わたしは、「ちがうねん」「しってるねん」「みつけてん」のジョン・クラッセンさんの3冊の絵本を持っていました。
その流れで、マック・バーネットさんという人とジョン・クラッセンさんが作った絵本「サンカクさん」「シカクさん」という絵本を買っています。
ama-shinon.hatenablog.com


で、今回、その流れで「おおかみのおなかのなかで」を手に取ったわけです。

パラパラッとみて、すぐに買うことを決めました。
クスッと笑っちゃったので。


それにしても、この絵本の魅力はなんでしょうね。

ジョン・クラッセンさんが描く「なんとも言えない動物の表情」が好きなんでしょうかね。
「ちがうねん」を思い出させる飄々とした表情というか、なんというか…。

もちろん、話の内容も面白いです。
「サンカクさん」「シカクさん」は、ちょっとイジワルな雰囲気もあるのですけど、これはそれがないので読み終わったあとの気分も良い感じです。

まだ、子どもたちには紹介していないので、見せるのが楽しみです。


おわり。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ