ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

ドラマ「鬼畜」を見たので、小説「鬼畜」を読みました。

先日、ドラマスペシャル「鬼畜」が放送されました。
www.tv-asahi.co.jp


その後、原作も読みたくなったので、購入して読みました。

今から、ドラマと小説(原作)の両方のことを書きます。


ドラマ

予告を見たときに、「ホラー作品なのか?」と心配になったので、事前に調べてみたところ、そうでもないということと、今までに何度かドラマ化・映画化されている作品だということがわかりました。

・・・見た感想・・・

事前に調べちゃったこともあり、あらすじがわかった上で見ました。

恐ろしい話だということでしたが、わたしはそれほど恐ろしくは感じませんでした。

宗吉、お梅、菊代、どの立場にも立てなかった(感情移入できなかった)からかもしれませんが、もしかすると、わたしが鬼畜だからかもしれません。

ただ、宗吉は最低なやつだなぁとだけ思いました。

・・・後味・・・

恐ろしくはないとは言っても印象に残る作品だったようで、しばらくはその世界が心の片隅に存在している感じでした。

CMで玉木宏を見かけると「うわっ」って、思いますので。


小説

・・・購入したわけ・・・

ドラマでは鬼畜感はありませんでしたが、40年ほど前に公開された映画は鬼畜感があったようです。

だとすると、原作は、きちんと鬼畜感があるのでしょう。

あと、ドラマは、スペシャルというだけあって長かったですが、実際は短編小説だとのこと。

そうすると、読んでみたくなりました。

・・・読んだ感想・・・

当たり前ですけど、ドラマは原作を忠実に再現していたのだなぁと思いました。

台詞などが同じだったので。

ただ、原作の方がやっぱり鬼畜感がありました。

ドラマでは、お梅は子どもに暴言を吐くだけでしたが、原作ではひっぱたいています。

良子の汚れた服の描写もなんか切なかったです。

あと、宗吉の心理が詳しく描かれているので、より身勝手さを感じました。


ちなみに、終わり方はドラマとは違います。

ドラマを見たあとだと、原作の終わり方は中途半端に感じるかもしれませんが、わたしは、これくらいの終わり方の方が小説っぽくて好きです。

「鬼畜」

「結局、誰が一番鬼畜なのか」と考える人もいるようですが、わたしからしたら、誰一人として子どものことを考えていないので、みんな鬼畜です。

というか、大人はみんな鬼畜です。

ずるいし、勝手だし。


…と言ってしまうと、終わってしまうので、あえて誰が一番?を考えてみたのですが、やっぱり宗吉ですかね。

解決するための他の方法もあるやろうに。

実話をもとにした作品だとのことなので余計にそれを感じます。


余談

・・・その他の作品・・・

「映画化作品集」ということで、他にも短編小説が入っています。

鬼畜以上に入り込んでしまう作品もありました。

まだ、5作品中3作品しか読んでいませんが、どれも読みやすい文章です。

小説を読むのは、久々でしたが、買ってよかったと思いました。

・・・原作を読む・・・

映画やドラマをみたあとに原作を読むことは時々します。

今までに原作を買って読んだのは、
・地下鉄に乗って
・悪人
・洞窟おじさん
・少年H
ですかね。

自慢じゃないですが、「少年H」は読破できずに終わりましたし、それ以外も途中を飛ばしつつ読んだ気がします。

どうやらわたしは、映像化されたものを先に見てしまうと、読むことに集中できなくなるようです。

そう思うと、しっかり読めた鬼畜は、わたしの中では珍しい部類に入る作品だということです。
f:id:ama-shinon:20171231020031j:plain
あとの2作品も読むのが楽しみです。


おわり。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村