ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

外出を自粛したいのに、歯が取れた。

「不要不急の外出は控えましょう」と言われています。

少し前には「緊急ではない歯医者もしばらくは控えましょう」ってニュースでやっていました。
言われなくても、自分の身を守るために、コロナが落ち着くまでは、歯医者へ行くのはやめておこうと思っていました。
本当は、「仕事を辞めたらしたいこと」のひとつが「歯医者通い」だったのですけど、さすがにこの状況では危険かなと思って、しばらく延期することにしたのです。
ama-shinon.hatenablog.com



のに。
なのに。

先日、いきなり歯が取れました。
厳密に言うと、歯が折れました?
いや、歯が割れました?

とにかく、歯が取れました。

晩御飯を食べようと思ったら、ポロッと歯が取れました。


数年前から、もう駄目だと言われていた歯だったので、「早くどうにかしないとな」と思ってはいたのです。
が、このタイミングで取れるとは…です。

いつか、こうなるとは思っていたとは言え、歯が取れるなんて、ショックが大きくて、その後は、食事が喉を通らなくなりました。
おおげさに言うと、絶望感がやってきたのです。


そして、歯が取れたこともショックでしたが、問題は、歯医者に行くかどうかです。
歯医者を控えましょうっていう時期にあえて行くかどうかです。

もう駄目な歯だったので、取れても全く痛みはありませんでした。
なので、しばらく時間をおいても良いのです。

しばらく時間をおくか…
思いきって歯医者に行くか…
行くとしても、どこの歯医者にいくか…
夜中にめちゃめちゃ悩みました。

憂鬱な気持ちで、重い気分で、一人でめちゃめちゃ悩みました。


結局、翌日に歯医者に行きました。
これ以上、悪い方向に進むと嫌だなと思ったので。

きっと空いているだろうと思って行ったのですが、結構、人がいました。
待ち合い室も人だらけだったので、なかなか冷や冷やしましたが、仕方ありません。


そんなわけで、歯が取れたことや、こんな時期に取れたことに絶望感しかありませんでしたが、「ちょっとは外出して体を動かしなさいよ」ということだったのかもしれないなと前向きに捉えようとしています。

できるだけ今の時期には行きたくないので、間を置いても良さそうなら、そうしようとも思っています。