ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

働くパワーがない。偶数月だけ働きたい。

先月末で仕事を辞めました。

これまでに無職になった経験は何度かあるので、辞めてからの自分の心境は、ある程度、予想できました。
辞める前の予想は、こうです。

・辞めてすぐは、自由な日々に幸せを感じる
・しばらくすると、働きたくなる


結果はどうかと言うと。
さすが、予想通り、辞めてすぐは「自由な日々」に幸せを感じていました。

コロナのことがあるので、自由にうろつくということはできませんが、
「好きな時間に起きて、一日を好きなように過ごせる」というのは、働いていたときには味わえないことです。
とても幸せなことだと思いました。


で、しばらく経った今、どんな風に心境が変わったかというと、
全く変化なし、です。

こんな生活、1ヶ月ももたないかなと思っていましたけど、
今のところ、今の生活に飽きることなく、相変わらず幸せに過ごしています。

これまでの無職ときと比べて、年齢があれだからでしょうか。
これまでは20代でしたから。
さすがに40代ともなると、パワーがなくなってしまうのかもしれません。

いや、もしかすると、コロナのことがあって、好きなことが思いっきりできておらず、まだまだしたいことがいっぱいあるからかもしれません。
したいことをやりきったら、働きたくなるのかもしれません。


でも、それでも、「これまでみたいに、がむしゃらに仕事をするのは、もうできないかもな…」とも感じています。

体力的に。
気力的に。


そんなシステムはないかもしれませんが、「年の半分くらいだけ働けば良い」みたいな仕事があれば良いなと今は思っています。
偶数月だけでいいよ、とか
奇数月だけでいいよ、とか
春と秋だけでいいよ、とか。

それくらいのペースでも生活していける社会になると良いのになと、妄想だけが膨らみます。


40代でもバリバリ働いている人は、すごいな。
わたしも、もうちょっと体を休めたら、またパワーが出てくるのかな。