ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

100%の力で働いてしまう。

無職になって、約1ヶ月。
ぼちぼち次の仕事のことを考え始めています。

こんな時期なので、行動に移すというよりは、本当に頭の中だけで、ぼんやり考えている程度なのですが。

で、考える度に行き着く答えは、「わたしは働けない」というものです。


*****


甲状腺機能亢進症と言われて、しばらく経ちますが、自分の甲状腺疾患を知ったとき、原因を自分なりに調べました。
ネットで。

調べましたけど、「原因はハッキリわからない」というのが結論でした。
ただ、「ストレス」が可能性としてあることは、わかりました。

無理をしてしまう、とか
がんばりすぎてしまう、とか
真面目、とか。


なるほど、です。


だから、次は、ストレスが少なそうな仕事がしたいなと思いました。

そして、がんばりすぎず、適度な力で働きたいなと思いました。


*****


でも、しばらく考えて、それは無理だということがわかりました。

これまで、色々な仕事をしてきましたが、どの仕事のときも、わたしは100%の力で働いてきたのです。
仕事中は、もちろんですが、自分の時間を犠牲にしてでも、一日の中の時間を仕事に費やしてきたように思います。
ただ、自分では「犠牲にしている」なんて自覚はありません。

たぶん、そういう性格なのです。

仕事中心に一日を過ごすというか、
仕事中心に生きてしまうのです。

とにかく、「適度に」ということができないのです。
「中途半端」なことができないのです。
自分が納得できるまでやろうとしてしまいます。

熱も力も入ってしまいます。
ストレスも感じやすいです。

たぶん、これからどんな仕事に就いても、そうなのだと思います。


*****


それがわかっているからこそ、「わたしは働けないな」と思ってしまいました。

厳密に言うと、「働けるだろうけど、また体がしんどくなるだろう」というところです。

我ながら面倒な体だなぁと思います。性格も含めて。


ちょっと働いて、ストレスがたまる前に辞めて、しばらく休んだらまた、ちょっと働いて…っていう生き方もありかなと思ったり、もう自分で仕事を立ち上げて自分のペースでのんびり働きたいわと思ったり。


可能なら、感情を入れず、淡々と仕事ができる人になりたいです。
50%の力で働ける人になりたいです。
(そうなったら、そうなったで、満足できずに、もやもやするのでしょうけど)