ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

クローゼットの中の片付け・整理・物捨てと職探し。

わたしにしては珍しく、昨日の続きであるクローゼットの片付けをすることができました。

気分がコロコロ変わるので、やる気にならないかも…と心配していたのです。
ama-shinon.hatenablog.com


今日、触った場所からは、ここに来たばかりの頃(1回目の無職期間)の職探しの資料が出てきました。
その辺でもらえる無料の冊子ですけど。

と思ったら、2回目の無職期間と3回目の無職期間の頃の職探しの様子がわかるものも出てきました。
ハローワークで求人票をプリントアウトしたやつですけど。

こういう職を探していたのか~というのを知ることができました。
自分のことなのに、忘れていたので、知れて面白かったです。

あと、引っ越す前に地元の職安でもらった資料もありました。
もちろん、こっちの職安でもらった資料もありました。

丁寧にわざわざ取っておいているところが、わたしっぽいです。
この機会に捨てますけど。

それにしても、職安をハローワークと言うようになったのは、いつからでしょう?
今も職安って言うのかな?

とにかく、いつの無職期間も「次に進むこと」「前に進むこと」をよくがんばっていたのだなぁということがわかりました。
今は、その気力がないので、我ながら「偉いなぁ」と感心しましたし、がんばりを労いたい気持ちになりました。
というか、働いている人・働いていた人・前に進もうとしている人、みんな偉いです。


あとは、空箱とか、包装紙とか、布とかが出てきました。
半月くらい前に「布なんか持ってないからマスクは作られへんなぁ。」と思っていたのですけど、ありました。
自分が何を持っているかを知らないのですから、本当にいい加減なことです。

ということで、今日は、ごみ袋半分くらいのごみが出ました。
おかげで、冬服がクローゼットの中にきれいにおさまりました。

できれば、この流れで、もうちょっと触って、いらないものは処分したいです。