ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

老後に思いを馳せたり、趣味について考えたり。

前回のこれ↓の続きです。
ama-shinon.hatenablog.com


***

ということで、わたしは、一人が好きで、一人暮らしが向いていると思っていましたが、「ずっと一人」は向いていないのかもしれません。

「ずっと一人」ではなく、仕事や趣味などで、誰かと関わる時間があった上での「ちょうど良いくらいの一人」が向いているだけなのかもしれません。

***

そして、今のこの生活は、老後の生活に近いような気がしています。

一人暮らし+無職+定期的に病院通い。まさに、です。
(わたしの場合、です)

そうすると、老後に思いを馳せることも増えました。

今回の経験のおかげで、わたしの場合は「一人暮らし+無職+自粛+無趣味」にならないようにしたら良いのだなということがわかりました。

例えば、週に数回で良いのでアルバイトをするとか。
そういうのが必要なのかもしれません。


そう思うと、今、とても良い経験をしているのだなと感じます。

まさか、「ずっと一人」が向いていないなんて知らなかったので。

***

ついでに、「趣味」についても考えています。

わたしには、これといった趣味がありません。
自己紹介などで必要なときには、「読書」とか「音楽鑑賞」とか「楽器演奏」とか言ってきましたが、違うような気もしています。
どれも、嫌いではないですが。

きっと、飽き性で、気分屋で、波があるので、駄目なのだと思います。
続かないので、「趣味」にまでは、いきつかないのだと思います。

「自転車での散策」や「カメラ」も最初は楽しかったですけど、ある程度したら、満足してしまったので。


なので、「休みの日は、これがしたい」「これにハマってる」などがある人がうらやましくて仕方ありません。

今のこの生活も、そんなのがあると、もう少し楽しいのだろうなと思います。
今は、朝、起きても「今日は何しようかな」「別にしたいことはないな」と思ってしまっているので。

***

現実逃避というか、妄想はよくします。

畑で野菜を作りたいな、とか
俳句作りって面白そうやな、とか。

ポツンと一軒家みたいなところやったら、人も少ないから、マスクなしでうろちょろできるんやろうな、とか。

だから、ちょっとした田舎に住んで、自分で食べるものを作りながら暮らすのが良いのかもな、とか。
田舎やったら、家にピアノを置いて弾きまくっても迷惑にならんかもな、とか。

でも、車の運転できひんし、病院が遠いと困るし、虫が苦手やから、やっぱり少し都会の方が良いよな、とか。

まぁ、でも、わたしのことやから、どんな生活でも、また飽きちゃうんやろな、とか。

***

なににせよ、悔いのないようにはしたいです。

今は、まず体力をつけたい(取り戻したい)です。

ama-shinon.hatenablog.com