ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

履歴書に本当に必要な項目はなんなのか。

前に「履歴書を書くのが大変だ」ということを書きました。

ama-shinon.hatenablog.com

今回は、その続きみたいなものです。



数年前、学校で働いていたときに、履歴書の研修を何回かしたことがあります。

「履歴書の研修」というと「履歴書の書き方か?」って感じですけど、違います。「統一応募用紙」とかそういう方向の研修です。
昔は履歴書に「本籍地」とか「家族構成」「親の職業」とか書いていましたけど、今はなくなりましたからね。そういう研修です。

で、そのときに知りましたが、国によっては、履歴書に書くのは、名前と連絡先くらいというところもあるそうです。(5年以上前に聞いた話なので、「名前」と「連絡先」以外もあったかもしれませんが、忘れました)
企業側が知りたいのは、「その人にその仕事をする能力があるかどうか」なので、それ以外の情報は必要ない、ということだそうでした。

確かにそうです。
能力さえあれば、年齢や性別なんかあまり関係ないですからね。



さて。
前回も書いたように、わたしは仕事を辞めて以来、何度か履歴書を書いています。

そうすると、書くたびに、この履歴書の研修のときの話を思い出すのです。
(書いてないときも、ちゃんと思い出しますが)


履歴書って本当に書くのが面倒くさすぎます。
「この情報、ホンマに必要なんか?」って思いながら書いています。

前回も書きましたが、わたしは「職歴」を書くのが一番大変です。
これまでの経験自体には後悔はないのですが、「こういうときに大変なんやな」「だったらこんなに色々なことをやるんじゃなかった…」と思ってしまいます。

ていうか、学歴・職歴なんかは、本当に知りたいんやったらQRコードとかが書いてあって、そこにアクセスしたら見ることができる、くらいしといてくれへんかなと思います。

そもそも必要であれば、今は「職務経歴書」というのがありますからね。
だから、一般的な履歴書は、もっとすっきりさせてもらっても大丈夫だと思うのです。


そんなこんなで本当に毎回、パワーがいるなぁと思いながら書いています。
なんなら、面接よりも書く方にパワーを使っています。
だから、書き終わったら、「もう面接も終わったようもんやな」と勝手にホッとしています。

そんなんだから、いろんな意味で駄目なんやと思うのですが。


ということで、これからの履歴書は名前・連絡先・志望動機くらいでいいかな。と思うのですが、あかんのかな。


おわり。