ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

全国水平社創立から100年経ったけど。

3月3日といえば、やっぱり「ひなまつり」なのか?

わたしも以前はだったが、今はそれと同時に「水平社創立の日だな」とも思うようになった。



1922年3月3日は全国水平社が創立された日。

そして、今年は2022年。
なので、創立から100年が経ったということ。



100年ってものすごい年数。

「100年しか」ではなく「100年も」と感じる年数。


なのに、差別は今も存在する。

「100年も」経ったのに、差別はなくなっていない。



当時の人たちは、この今を見てどう思うんやろう?と思う。

強い想い、願い、覚悟などを持って立ち上がったのに、100年経ってもまだまだ苦しんでいる人がいるなんて。



人が人を差別するって、本当におかしいことやなと思うけど、それがなくなっていないのが今の現実。

じゃあ、今のこの状況でわたしにできることって何?と度々考えるが、ありきたりな言葉でいうと「差別を見抜き、差別を許さない子ども」を育てるということと、「わたし自身があらゆる人に優しくすることを心がける」ということくらいしか浮かばない。


複雑でギスギスして余裕がないこの世の中。
この状況で「差別ゼロ」にするなんて、不可能なのだろうか。



とにかく、今日は、水平社宣言を読み直そうと思う。

人の世に熱あれ 人間に光あれ