気まぐれ人間の日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

地震。

わたしは、地震が大の苦手です。

その原因は、高校生のときに経験した阪神淡路大震災にあると思っています。

 

あの日、わたしは、こたつの中で寝ていました。

突然の大きな揺れに目が覚めたものの、何が起きているのかわからず、とにかくからだの揺れをおさえるために、必死でこたつの脚にしがみついていました。

それでも揺れの大きさの方が強かったこともよく覚えています。

それまで経験したことのなかった大きな揺れに、それが地震だとは思いもしませんでした。

戦争が起きたのか、何かが激突したのか・・・。そして、わたしは、このまま死ぬのだと思いました。冗談ではなく、本気で。

 

揺れがおさまり、父が「地震や、大丈夫か?」と言っているのが聞こえ、よくやくそこで「今のは地震の揺れだったのだ。」と知りました。

が、それまでに経験してきた地震の揺れとは、比べものにならないくらいの揺れだったので、本当に地震なのか信じられませんでした。

その後、情報が入ってくるなかで、本当に地震だったのだと知るのですが、それからが大変でした。

もちろん、命があっただけでも良かったと今になると思うのですが、水は止まるし、余震は続くし・・・。

高校生だったから若さで乗り越えられましたが、今だったら、精神的に参っていただろうなと思います。

 

現在、わたしは、乗り物の中で寝ることができません。

眠気が襲ってきて、寝そうになることはあるのですが、そうすると急に怖くなって、汗がじんわりと出てきます。

なぜそうなるのかわからなかったのですが、もしかするとあのときの地震のせいなのかも、と今は思っています。

 

地震は、自然の現象というか、人間の力でどうにかできるものでもないです。

人間は、あくまでも地球に住まわせてもらっているだけの立場なのだと思います。

だから、地震は苦手ですが、地震を恨んだことはありません。

 

今、熊本を中心に大きな地震が続いていますね。

見聞きするたびに、つらくなります。

想像するだけで、つらくなります。

これ以上、被害が広がりませんように、と祈るのみです。