ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

独り言

1日の労働時間が6時間くらいになると良いな。

「体を大事にした人間らしい生活」ができるような世の中に誰か変えてくれへんかなと他力本願的に思うこの頃。

わたしは優しい人がいっぱいいる社会が良い。

「コロナも嫌やけど、そのせいで人々がギスギスしてきているのが、もっと嫌」の続き。

仕事を辞めたことで、人間らしい生活を送ることができるようになった気がする。

地味だけど、「きちんと生活している感じ」がうれしい。

今の生活に少し慣れてきたのかな。

「何も考えず、何の心配もなく過ごせていた頃が懐かしい。」という段階は過ぎた気がする。

コロナも嫌やけど、そのせいで人々がギスギスしてきているのが、もっと嫌。

みんな必死。

新型コロナウイルスをきっかけにして世の中の価値観が良い方に変わると良いな。

健康第一。命・安全を優先した暖かい社会になりますように。

生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人のための。

休業補償・失業手当・当面の生活費。

戦争が憎い。

毎年、平和や戦争について考える。今年は、戦争が憎く思えた。

「噂をすれば…」じゃないですが、先日、奄美に行ってきた。

久々に行くと、とても良かった。いろいろな奇跡のつながりでここに至るということもわかった。

【今週のお題より】10連休を振り返って…。(その2:世間編)

誰のための10連休だったのか、よくわからないまま終わった。

ビッグイシューって、知っていますか?

350円のビッグイシューを買うことが誰かの一歩につながる。自分にできることをできる範囲でやっていく。

怒りの感情に振り回されることが増えた。

今年度というか、今月は、やたらと怒っている気がします。 「おこっている」のではなく「いかっている」のです。しかも、以前のわたしなら、怒りを我慢することができていたのですけど、最近は、直接言ってしまうようになってきました。 感情的になるのは、…

冤罪はあってはならない。

袴田事件。 再審が決定していたのに、何故取り消しになったのかがよくわかりません。当然のことですが、冤罪はあってはならないし、少しでもその可能性があるのなら再審をすべきです。冤罪は、関わる多くの人の人生を変えてしまいます。 自分の身内が冤罪に…

午前3時の街は寒いけど温かい。

本日は、夜中の3時過ぎに帰宅しました。 そんな時間ともなると、さすがに寒かったです。そして、くたくたに疲れているせいか、少しのことが胸に響きました。 コンビニのレジのお兄さんの愛想の良い接客、 新聞配達に勤しむおじさん、 信号を守る車。 普段だ…

自分だけが良ければ良い、と思っている人が親になるなんて恐ろしすぎる。

世の中には色々な考えの人がいます。人それぞれ、考えが違って当たり前だと思っています。 どの考えも尊重すべきだとも思っています。でも、やっぱり「許せない考え」というのは存在します。 人の苦しみを理解しようともせず、苦しんでいる人たちを切り捨て…

台風の翌日は復旧休暇が欲しい。

朝、通勤途中で、いろいろな光景を見ました。台風で飛ばされたであろう木の枝葉、その辺に散乱したもの…。 家の周辺を片付けている人、台風に備えて移動させていたものを元のところに戻しているであろう人…。片付けなどの時間を作ることができる人は良いので…

わたしのエッセイ好きは、さくらももこさんの影響かもしれない。

人生100年時代も近いとかなんとか聞くけれど、やっぱり人生はそんなに長くはないのです。

定年まで働くって、すごいことだけど、わたしには無理なので、それが可能な社会になってほしい。

こんな社会になったら良いなという妄想。いや、願い。

終戦。

終戦。当時の夏は、どれくらいの暑さだったのかなぁと、ふと思った。 ただでさえ、夏は暑いのに、戦争という恐怖や不安や憂鬱を抱えないといけないなんて、わたしには、耐えられない。原爆の犠牲になった方の中には、水を求めておられた方も多かったと聞く。…

それを処分するかしないかは、そのときの感情や状況に左右される。

必要なのは、命ととりあえずの食料、それと仕事に使うものくらい。

一人暮らしを始めたばかりの頃の家計簿や日記を読み返したら、若かりし私が奮闘している様子が伝わってきた。

いきなりですが、不要なものを少しずつでも処分していこうと思っています。そこで、まず、思いついたのが、昔の家計簿や日記。 家計簿は、一人暮らしを始めてから最初の4年間だけ、つけていました。 今はつけていませんので、過去の家計簿なんて不要なはず…

正しさは人によって違う。朱に交われば赤くもなる。だから洗脳される。

人は簡単に洗脳されるのかも、と最近は思うようになった。

警報と休校。

出勤できないくらいの日は休校にすれば良いのにと思う。子どもの安全のためにも。

幸せは、匂いにあり。

昨日は、金曜日。職場のみなさんは、なぜか帰りが早かったですけど、わたしはマイペースに仕事をしていました。ちなみに、わたしは、金曜日の晩は「普段なかなかできない仕事」をすることが多いです。そんな仕事を思いつくまま進め、なんとなく終わったかな…

余震が続くと気が滅入る。

大きな地震に余震はつきものですし、震源地である大阪に比べたらたいしたことはないのでしょうが、余震が続くと気が滅入ります。昨晩から今朝にかけて、わたしが体感できただけで3回の地震がありました。揺れるたびに目が覚めますし、大きな揺れが来たらど…

地震。

2018年6月18日(月)7時58分。大阪を震源とする地震が発生しました。 ***** そのとき、わたしはちょうど通勤中でした。自転車に乗って、いつもの道を通っていると、どこからか妙な音が聞こえました。最初は何の音かわかりませんでしたが、少…

月曜日は、ローテンション。

世間の方々もそうなのかもしれませんけど、わたしは、月曜日がどうも苦手です。全くテンションが上がりません。「超」がつくほど、テンションが低いです。特に、朝は、「この世の終わりか」というくらいテンションが低いです。 なので、思考も後ろ向きです。…

1000円カットのお店は、恥ずかしいのか??

先日、1000円でカットをしてくれるお店に行ってきました。 このお店に行くのは、初めてだったのですけど、感想をまとめると、「また、行こうっと。」というものでした。だって、仕事帰りにふらっと寄って、たった15分で仕上げてくれるのです。髪型にこ…

西城秀樹。

63歳だったそうです。

久々に「BIG ISSUE(ビッグイシュー)」を買う。

存在を知らなかったときは、目にも入っていなかった。だからこそ、まずは知ることが大事なのだとつくづく思う。