滋賀の国から  ~日々のあれこれ~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

今、話題の「成功者K」(羽田圭介)を読みました。

厳密に言うと「今、話題」かどうかは、知らないのですけど…。

本屋さんで、表紙をこちらに向けた状態で売っていたので、
「もしかして、話題なのかなぁ。」と思っただけです。
もしくは、「話題にしたいのかなぁ。」と。

購入のきっかけ

「今、話題」かどうかは、さておき、
もともと、本屋には、これを買うためではなく、
「洞窟オジサン」という本を買うのが目的で行きました。
洞窟オジさん (小学館文庫)
(洞窟オジサン:加村一馬

でも、なんとなく
「これだけを買うのは、なんだかなぁ。」と思い、
店内をうろうろしていたところ、表紙の羽田さんと目が合い、買うことになったわけです。
成功者K

いや、ただ目が合っただけが理由の「衝動買い」ではなく、
事前に「フィクションか、ノンフィクションか、わからない不思議な作品」ということは聞いていたので、
読めそうなら読んでみたいなぁとは思っていたのです。

感想

で、昨夜、読み終えましたが、
「確かによくわからない。」が最初の感想でした。

実は、前半は買ってすぐの頃に読んだので、わりとしっかり読んだのですが、
残りの後半は、昨日、ざ~っと急いで読んだのです。

なので、特に最後がよくわかりませんでした。
「え?どういうこと?いつ現実の世界に?」という感じで。

本とわたし

思えば、わたしがこういうジャンルの本を読むのは、本当に久々です。
最近は、仕事関係の本か、エッセイのような気軽に読めるものしか、手にとっていなかったので。

ですので、後半を読みながら
「集中して読むということが、できなくなってきているなぁ。」ということを感じました。

またまた感想

ということで、
しっかりと読み込めてはいませんが、もうちょっと具体的に感想を書くとすれば、
「テレビの世界というか、有名人の生活のようなものを
体験しているような気になれるのは、面白かった。」です。

お弁当のくだりとか、
新幹線の感じとか。

一日にいろんな仕事をこなしているところ、とか。

何度もいうように、後半は集中して読めませんでした。
そのせいか、やたらと長く感じましたし、疲れました。
(中だるみする、という感じ?)
まあ、でもそれは、作品のせいというよりは、わたしの集中力のせいでしょう。

そんな中でも、「うまいこと表現するなぁ。」というような言い回しが所々に出てくるので、
語彙や表現力の乏しさを感じているわたしには、とても新鮮で勉強にもなりました。

読書が好きだった頃(本をよく読んでいた頃)に感じていた感覚がよみがえってくる瞬間もあったので、読んで良かったです。


ということで、
最後がよくわからなかったので、近いうちにまた読み返そうと思います。

あと、テレビに出ている羽田さんは、その辺にいる若者にしか見えず、
こんな長い作品を書けるような人に思えなかったのですが、
これを読んで、「あの人は、本当に作家さんだったのだなぁ。」と実感しました。
ついでに、他の作品も読んでみたいなぁと思いました。

まぁ、まず、その前に「洞窟オジサン」を読みたいです。


おわり。
(現在3月28日の午前5時。完全に昼夜が逆転している…)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村