ぐうたら人間のヒトリゴト~職・食・住・読・音~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

「こどもの日」にちなんで、本2冊を紹介する。

今、こんな本を読んでいます。(これの左側)
f:id:ama-shinon:20180507000350j:plain
愛着障害(著:岡田尊司)」

買ったのは、1年くらい(いや、1年以上?)前なのですが、ずっとそのままにしてしまっていました。

この度、電車移動のお供に抜擢されて、ようやく読み始めたわけです。


前からこの分野には関心がありましたし、自分理解のためにも知りたいと思っていたので、わりとすらすら読むことができています。

こういう本を読むたびに、乳幼児期の環境というのか、周りの大人(親)の関わりって、その子の人生に大きく影響するなぁと思うわけです。

逆にいうと、そこさえしっかりしていれば、あとは、どんなことが起きても、乗り越えられるとさえ思ってしまいます。


以前、「ちゃんと泣ける子に育てよう」を読んだときにも思いましたが、親になる前にそういったことを教わるようなシステムがあれば、世の中がもう少し安定するんじゃないかなぁと思います。
ama-shinon.hatenablog.com


*****


2冊目はこれです。
子ども・大人 (考える絵本)
「子ども・大人(作:野上暁、ひこ・田中 絵:ヨシタケシンスケ)」

これについては、先日、書いたところです。
ama-shinon.hatenablog.com


読めば読むほど、味があって、面白いです。奥が深いというか。

大人はよかれと思って、子どもに色々言いますけど、子どもであっても一人の人間なのですからね。

子どもにだって都合はあります。

子どもだって、その子なりに考えています。

大人は偉そうにあれこれ言うのではなく、子どもが頼ってきたときに力になってやれば良いのだと、わたしは思います。

もちろん、「世の中のルール」のようなことは、教えていきますけど。


おわり。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村