ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

寒くて辛い朝にしている約5つのこと。

寒いです。

毎朝、毎朝、寒いです。

そうでなくても朝、起きるのが苦手なのに、
寒いとなると、さらに苦手度が増します。
f:id:ama-shinon:20171209195651p:plain
寒くても、さっと起きることができる人は、本当にすごいです。
心から尊敬します。

ということで、寒くて辛い朝にしていることを書きます。
ちなみに、辛いは「つらい」と読みます。「からい」ではありません。

1・起きる前にエアコン

起床時刻の30分くらい前に起きてエアコンをつけます。
そうすると、30分後には、室内は寒さは少し和らいでいます。

が、それでもなかなか起きることができません。
室内は少し暖かいはずなのに、体は起きてはくれないのです。

そもそも、30分前に目覚めたんだったら、そこで起きたら良いのに。

2・布団の中でストレッチ

ストレッチと言えるほどのものではなく、ただ単に足首を動かすだけです。

それでも、体が目覚めてくる感じがします。

エアコンだけでは、布団から出る勇気は出ませんが、そうやって少し体を動かすことで、体が目覚めてきて、出る勇気がわいてきます。

3・足湯じゃなくて足シャワー

時間があるときだけですが、熱いシャワーをふくらはぎから下にあてると、ほんのりぽかぽかしてきます。

4・ドライヤーで加熱

ドライヤーを下に置いた状態でスイッチオンにして、温風にあたるように靴下や服を前に置いておきます。

そうすると、着替えるときのあのひんやりとした不快感を味わわずにすみます。
なんなら、着替えた瞬間、ホカホカで一気に幸せ気分になります。

ちなみに、子どもの頃は、ファンヒーターの前に服を置いて暖めていました。

5(番外編?)・味噌汁

基本的に平日は、朝御飯は食べません。
なぜか、平日の朝は、食べ物どころか、飲み物ですら喉を通らないので。

が、先日、無性にお腹が空いて、何か食べられそうな日がありました。
なので、なんとなくインスタントの味噌汁を作って飲んでみました。

すると、寒い外に出ても、体がほかほかしたままで、全くつらくありませんでした。

温かい食べ物・飲み物って、すごいんだなぁと思いました。

・・・ということで

きっと、わたしの前世は、熊などの冬眠する生き物だったのだと思います。
許されるならいくらでも寝ていたいです。
f:id:ama-shinon:20171212234156p:plain

そうこう言っているうちに、また朝が近づいてきます。

起きてしまえば、なんてことはないのですけどね。

まぁ、明日からもがんばります。


おわり。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村