読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のあれこれ。

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言として綴る場所・・・

今、話題の「成功者K」(羽田圭介)を読みました。

日常の色々 独り言 テレビ&映画

厳密に言うと「今、話題」かどうかは、知らないのですけど…。

本屋さんで、表紙をこちらに向けた状態で売っていたので、
「もしかして、話題なのかなぁ。」と思っただけです。
もしくは、「話題にしたいのかなぁ。」と。

購入のきっかけ

「今、話題」かどうかは、さておき、
もともと、本屋には、これを買うためではなく、
「洞窟オジサン」という本を買うのが目的で行きました。
洞窟オジさん (小学館文庫)
(洞窟オジサン:加村一馬

でも、なんとなく
「これだけを買うのは、なんだかなぁ。」と思い、
店内をうろうろしていたところ、表紙の羽田さんと目が合い、買うことになったわけです。
成功者K

いや、ただ目が合っただけが理由の「衝動買い」ではなく、
事前に「フィクションか、ノンフィクションか、わからない不思議な作品」ということは聞いていたので、
読めそうなら読んでみたいなぁとは思っていたのです。

感想

で、昨夜、読み終えましたが、
「確かによくわからない。」が最初の感想でした。

実は、前半は買ってすぐの頃に読んだので、わりとしっかり読んだのですが、
残りの後半は、昨日、ざ~っと急いで読んだのです。

なので、特に最後がよくわかりませんでした。
「え?どういうこと?いつ現実の世界に?」という感じで。

本とわたし

思えば、わたしがこういうジャンルの本を読むのは、本当に久々です。
最近は、仕事関係の本か、エッセイのような気軽に読めるものしか、手にとっていなかったので。

ですので、後半を読みながら
「集中して読むということが、できなくなってきているなぁ。」ということを感じました。

またまた感想

ということで、
しっかりと読み込めてはいませんが、もうちょっと具体的に感想を書くとすれば、
「テレビの世界というか、有名人の生活のようなものを
体験しているような気になれるのは、面白かった。」です。

お弁当のくだりとか、
新幹線の感じとか。

一日にいろんな仕事をこなしているところ、とか。

何度もいうように、後半は集中して読めませんでした。
そのせいか、やたらと長く感じましたし、疲れました。
(中だるみする、という感じ?)
まあ、でもそれは、作品のせいというよりは、わたしの集中力のせいでしょう。

そんな中でも、「うまいこと表現するなぁ。」というような言い回しが所々に出てくるので、
語彙や表現力の乏しさを感じているわたしには、とても新鮮で勉強にもなりました。

読書が好きだった頃(本をよく読んでいた頃)に感じていた感覚がよみがえってくる瞬間もあったので、読んで良かったです。


ということで、
最後がよくわからなかったので、近いうちにまた読み返そうと思います。

あと、テレビに出ている羽田さんは、その辺にいる若者にしか見えず、
こんな長い作品を書けるような人に思えなかったのですが、
これを読んで、「あの人は、本当に作家さんだったのだなぁ。」と実感しました。
ついでに、他の作品も読んでみたいなぁと思いました。

まぁ、まず、その前に「洞窟オジサン」を読みたいです。


おわり。
(現在3月28日の午前5時。完全に昼夜が逆転している…)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

SMAP「SMAP25YEARS」を聴きながら。

テレビ&映画 日常の色々 独り言

このSMAPのCDを買ったのは、年末。
ama-shinon.hatenablog.com

解散が迫っていたこともあり、衝動買いをしてしまったのですが、
なかなか聴く時間がとれず、買ったときの状態で、ずっと放置しておりました。

それから3ヶ月が経とうとする今、ようやく開封です。

ちなみに、ずっとそのままにしていた理由は、いくつかありますが、
そのうちのひとつが、「うちにあるCDコンポ?CDデッキ?が故障しているから」です。

なので、今もパソコンで聴いております。
(偶然ですが、テレビには、草なぎくんが出ております。)

よみがえってくる記憶

このCDは、3枚組になっているのですが、年代順に並んでいて、
今、聴いている1枚目は「1991年から2000年まで」の曲が収録されています。

聴いていると、自分の中高生時代がよみがえってきます。
「がんばりましょう」は、震災のあとの復興イベントで演奏したなぁとか。

今は、まだ前半が流れているのですが、
後半は、就職をしてからの曲になるので、それもまた懐かし。です。

好きな曲

しつこくてあれですが、わたしは「君が君だよ」が好きです。
4曲目に出てきました。

久々に聴きましたが、やっぱり良い。
この時期(年度末)だから、余計に胸に来るのでしょうか。

昨日「無職期間」の話を書きましたが、
この曲は、1回目の無職期間のときに何度も何度も聴いていました。

歌詞も大好きですし、
間奏の感じも好きです。

SMAPという人たち

CDの中に、25年間のことをまとめたようなものが入っていたのですが、
それを見ていると、長年やってこられたことの大きさみたいなものを感じました。

先日、仕事中に「世界にひとつだけの花」を耳にする機会があったのですが、
解散して、まだ数ヶ月しか経っていないのに、妙な懐かしさを感じました。
SMAPは、もう過去のものになっているのだなぁとも思いました。

感想

今は、まだ1枚目ですが、
2、3枚目の収録曲を見ていると、知らないものも多いです。
忙しかったり、テレビがなかったりしたからでしょうね。

それに比べると、1枚目は、歌えるものが多くて聴いていて楽しいです。
このまま2、3枚目を聴かずに、数年が経ってしまいそうな気もしています。

そうこうしているうちに、1枚目の最後の曲が始まりました。
ライオンハート
これはもう完全にわたしが社会人になっているときの曲です。


おわり。

SMAP×SMAP最終回より)



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

無職の怖さと仕事があることの有り難さ。

仕事 独り言

現在、わたしは「1年毎の契約」のような勤め方をしています。

今のところ、ありがたいことに、10年近くも続けることができています。

そんなわたしですが、今までに何度か「無職期間」を経験したことがあります。

今回は、そのことについて、記します。


目次

1回目の無職期間

1回目は、4年間勤めた最初の職場を辞めたあとでした。
たしか、約3~4ヶ月ほどの「無職期間」だったと思います。

そのうちの3ヶ月は、実家にいたし、4年間の勤めで貯めていたお金もあったので、それほどつらくなかった気がします。
むしろ、これから始まる生活にワクワクしていたような気もします。

ありがたいことに引っ越して少ししたら仕事が見つかりました。
契約社員というパートみたいな職ですけど。

2回目の無職期間

3年半ほど勤めたパートみたいな職場を辞めたあとです。
たぶん、約1ヶ月ほどの無職期間だったと思います。

その仕事を辞めた理由は、病気でした。
病気がきっかけですが、ストレスがたまっていたので、
どちらにしてもそう長くは続かなかったと思います。

それでも、急な無職状態に少々焦りました。
収入がそれほどない職だったので、蓄えがほとんどなかったのと、
病気の影響で、次の仕事がないかもしれない…と思ったので。

有給を消化しながら療養し、その後、しばらくしたら回復に向かったので、
とにかく安定を求めて、正社員の仕事を探し始めました。

すると、結構すぐに見つかり、働きはじめることができました。

なので、このときは、療養で終わった無職期間でした。
(通院のため、ここで生活をしていましたが、実家には金銭的に助けてもらいました。)

3回目の無職期間

3回目は、正社員の仕事を2ヶ月で仕事を辞めてしまったあとでした。
あまりはっきりとは、覚えていないのですが、
このときは、2ヶ月くらいの無職期間だったと思います。

でも、これが一番つらい無職期間でした。

病気療養の無職期間で貯金も底をついてしまっていたことと、
せっかく見つけた正社員の仕事をたった2ヶ月で辞めてしまったショックとで、
ただただ絶望しかありませんでした。

ちなみに辞めてしまった理由は、自分でもよくわかりません。
朝になると、頭痛と腹痛が襲ってきて、行けなくなってしまったのです。

今から思うと、
療養後まもないときだったので、まだ働けるような精神状態ではなかったのかもしれません。

理由はどうであれ、仕事をしないと、生活していけません。
仕事を探したい気持ちと、
でも、また行けなくなってしまったらどうしようという気持ちとで、
気持ちだけが焦って、しんどかったことを今でも覚えています。

それでも、ハローワークには、常連になるほど通いましたし、
面接にだって、何度か行きました。
「そこで働きたい!」という思いがあるわけではなく、行動した証が自分でほしかっただけなので、採用には至りませんでしたが…。

しかも就職活動って、意外とお金もかかるのです。
収入がない中なので、それもまたつらかったです。

「行動に起こさないと」という焦りと、
「また、辞めてしまうかも」という怖さとで、
起き上がることもできず、一日中、横になっていたこともあります。

そんなときは、不思議なことに、夜になると安堵感でいっぱいになるのです。
夜は、もう行動しようがないので、行動を起こさないことへの罪悪感がなくなるのでしょうね。

そんな状況でしたので、正社員は諦め、
まずはリハビリがてら短期バイトから始めてみることにし、
なんとか無職期間を脱することができました。

ほっとした反面、
「また、すぐに辞めてしまったらどうしよう」
「社会復帰できない精神的な病気なのかも」
という恐ろしさもありましたが…。

そして、今

上に書いた短期バイトを3ヶ月ほどしたあと、
今の仕事にたどり着きました。

最初に書いたように、かれこれ10年くらい経ちます。

「2ヶ月で辞めてしまったらどうしよう」と最初は心配していましたが、
それも乗り越えることができ、今に至ります。

無職の怖さ

何が怖いって、ひとつは、金銭面に余裕がなくなることです。

「この服が買いたいけど、ちょっと足りない」なんてレベルではなく、
必要最低限のものすら買えないのです。
何を買うのも罪悪感が伴います。

家賃やガス・電気など、支払わないといけないものもあります。
なのに、収入がない。
恐怖です。

もうひとつ怖いのは、自分の能力に自信がなくなることです。

わたしだけかもしれませんが、
「このまま働けないのではないか」
「自分には何もできないのではないか」
と、気が滅入るのです。

「これ!」というしたい仕事がないからかもしれません。

おわりに

こうやってみてみると、どれも短い無職期間ですね。
でも、その最中にいるときは、永遠に続くのではないかというくらい長く感じました。
出口の見えないトンネルの中にいるような…。

そんな無職期間のつさらを思うと、今、こうやって働けていることは、
本当に幸せなことなのだろうなと思います。
まぁ、そう思っていても、ときには、しんどくなるし、現実逃避したくもなるのですが…。

次の「無職期間」は、いつになるのでしょう。
金銭面の恐怖を少しでも和らげるために、今のうちに「無職期間用資金」をしっかりと貯めておこうと思います。

ということで、無職期間を前向きに生きている方々を、わたしは本当に尊敬します。
わたしもそんな風に強くなりたいです。


おわり。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村