ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

若いときには、わからなかったこと。

年齢を重ねていくと、体がしんどくなってきます。

「疲れ」というものが、ずっしりと体にのしかかってくるようにもなってきます。
f:id:ama-shinon:20180414233321p:plain

子どもの頃は、
大人が「腰が痛い」とか「膝が痛い」とか「疲れた」とか言っているのを聞いても、全く理解できませんでしたが、今は、心から理解できます。

例えば、「電車などで高齢の方に席を譲ること」も以前は頭で理解していましたが、最近は、心の底からその必要性がわかる、という感じです。

今まで、それらの「しんどさ」を軽く見ていたことが本当に申し訳ないと思います。


「物忘れ」だって、そうです。

昔、母と話しているときに、「前にも言ったやん。」「前もその話聞いたで。」ということがよくありましたが、今、自分もそんなようになってきています。

そんな風に、若いときには、わからなかったですが、そんないろいろなことが今、よくわかるようになってきています。


ですので、自分より年配の方が遅くに仕事をしていると、とてもありがたいような、心配のような気持ちになります。

ちょうど昨夜、わたしが22時過ぎに帰宅していたときも、道路工事?の周囲で交通整理をしてくれていた方がおられたのですが、結構年配の方に見えました。

自転車のわたしが安全に通れるように誘導してくれました。

とてもありがたかったですし、申し訳なかったです。

遅い時間に働いておられてすごいなぁとも思いました。

それも、もしわたしが若かったら思わなかったことだと思います。


そんなわけで、年を取ることでわかることもあるので、年齢を重ねるのもなかなか悪くないなぁと思います。

ただし、体力は人それぞれなので、例えば、昨夜の方も「若いヤツより体力には自信がある!全然しんどくないぞ!」という方かもしれません。すみません。

もし、そうであってもありがたいことには、変わりありませんけど。


おわり。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村