ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

【臨時休校】気持ちの持って行き場がないので困る。

27日(木)の18時半すぎのあの発表から、もう全てが乱れまくっている。

気持ちも生活リズムも。

あの発表から、最終日に向けてすべきことの準備をしていたら、当たり前やけど、帰りは遅くなった。
まぁ、それは、体力的なダメージだけで済む。

それより、気持ちがやっぱりついていかん。

ただただ、むなしい。


これから3月。
本当だったら、今から、本格的なカウントダウンが始まるはずだった。

例えば、「卒業まであと○日」というような。


3月に入ったら…と思っていたことが色々あったのに、それも叶わん。

あんな話もしたかったな、とか、この本を見せたかったな、とか。

最後にあれをしよう、とか。

そういう具体的なこともそうやけど、何より、いっしょに過ごすという時間もなくなったんやからな。


発表の翌朝である28日(金)、どんよりした気持ちで出勤したら、子どもたちはいつもの表情だった。

わたしも気持ちを切り替えなあかんなと思った。

心配しなくても、日中は、どんよりする暇もないくらい、バタバタとしていた。常に小走りしていた。体がもうひとつほしいと思った。

子どもたちが帰ったあと、くたくたになっていた。

そして、やっぱりむなしさだけを感じた。


体力的なダメージは寝たら回復するけど、いくら寝ても、気持ちのダメージは治らん。

昨夜は、子どもたちの夢ばっかり見ていた。


どうしようもないこの感じ。

さっき、安倍が会見をしてたけど、この人の要請を受けるべきやったのか?と疑問にすら思った。


残りの日数が急に奪われたこと。

誰のせいでもないんやろうけど。

だから、気持ちの持って行き場がないので困る。