ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

履歴書はパソコンで作成したい。

<今日の川柳>
張り切って 半袖着たが 肌寒い

*****


いきなりですが、わたしは文字を書くことは嫌いではないです。
どちらかというと好きな方かもしれません。

が、履歴書を書くのは苦手です。
厳密に言うと「間違ってはならない」という状況で書くのが苦手です。


現在は、あいにく無職の身。
ですから、仕事を再開したいと思ったら、履歴書を書く必要があります。
1枚ではなく、なんなら仕事が決まるまで、何枚も書かないといけないかもしれません。


昔はもう少し集中力があったので、「最後まで集中を切らさず書ききる」ということができていたように思うのですが、最近は集中力は低下気味。それに加えて集中力散漫という感じですので、間違いなく書ききるには、相当の力を要します。


さらに言うと、若いときと違って、職歴も増えています。
詐称にならない程度に、小さな職はカットして書いていますが、それでも書くのはしんどいです。


そんな履歴書なので、ちょっとでも書き間違えると、なんとかごまかそうと工夫します。
先日もぐちゃぐちゃっとごまかしました。

が、ごまかせないような書き間違いをしたときは、一気に気持ちが折れます。
「ここまで書いたのに…」と。


ですので、書いているときは、必死です。
よく知っている文字も合っているかわからなくなってくるくらい必死です。

最後の方までくると、「ここで間違えたら、また一からやで」と変なプレッシャーもやってきますから、さらに必死になります。


以前、仕事で「ピアノ伴奏を録音する」というのをよくしていたのですが、そのときのことを思い出しました。
あれも「順調に弾けていたのに、最後の方でミスをすると、また最初からやり直し」でした。

何度か繰り返すうちに、目で楽譜を追っていても、よくわからない記号に見えてくるのも同じです。
最後の方になると、「ここで間違えたら」というプレッシャーがやってくるのも同じです。



そんなこんなで、1枚完成させると、重労働をしたかのような気持ちになります。
「ほんまにこんな情報必要なんか?」と思いながら書く次第です。


つづく。

書きました↓
ama-shinon.hatenablog.com