日々のあれこれ。  ~わたしのメモ帳~

一人暮らしの日々や仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

洗濯機が回る音。

洗濯機が回る音は、眠気を誘うのでしょうか。

今朝は、10時に目が覚めました。
昨夜3時頃に寝たことを思うと、なかなかの早起きです。

その後、洗濯機を回し始めました。

回している間は、のんびりして待ちます。

で、気がつけば、夕方でした。
すっかり寝てしまっていたのです。


平日もそうです。

平日は、たいてい夜に洗濯機を回します。

でも、回している間に寝てしまいます。
朝、起きて、「あ~ぁ…」となるのです。

そして、同じものをまたその日の晩に回さないといけないのです。

3日連続、回しながら寝てしまったこともあります。

もちろん、中の洗濯物は、そのままなので、3日間、懲りずに回されていたことになります。
かわいそうに。


そんなわけで、洗濯機が回る音は、眠気を誘うのだろうという結論に至ったのです。

おわり。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

達成感を味わいたいなら「自転車で琵琶湖一周」をすると良い。(4)まとめ

これ
ama-shinon.hatenablog.com
の感想や考察。
まとめのようなもの。


目次

1・サポーターの存在

実行する前日、先生に電話した。 
「もしかしたら明日こそ行くかもしれません」と。 
前に行こうとしたときは、先生の都合が悪かったので、サポーター無しで行くつもりであった。(結局、風邪引いたから行かんかったけど) 

でも今回は「昼以降は時間あいてるから電話で呼んでくれたら行くわ」と。 

あんな遅い出発時間だったのに、琵琶湖大橋通過後、北回りを選択したのは、サポーターの存在のおかげだと思う。 
「まぁ行ってみて、あかんかったら、先生の車に乗せてもらったらええし」と言うのがあったので、思い切って実行できたのだと思う。 

仮に、車の助けがないのが前提だったなら、「パンクして夜道を歩いて帰らなあかんくなったら嫌やし、今日はやめとこ」って最初から諦めてたはず。 

2・成功の秘訣

先生とも言うてたのだが、一人やから走り切れたのだと思う。 

昔の持久走なんかでもそうやったけどさ、人と一緒に走ると、やたらとしんどくなるよな。 
早い子と走ったときもさ、いつもよりタイムが上がるかと思いきや、いつもよりタイムが落ちたからな。 
それ以来、どれだけ頼まれても、持久走の時は一人で走ると決めたのだがな。 

話がそれたが、それと一緒で「誰かと走ってたら、相手に合わせようと気をつかってしまうから、あかんかったかもな」と。 
確かに一人やと自分のペースで休憩を取れるし、スピードの調節も自由。 

あと、変な顔して走っても良いし。 
熱唱もできるし。 

いや、でも、成功の秘訣は「一人で回ること」だと思う。 

3・濡れタオルは便利

行く前に、「凍らせたタオルがあったら気持ち良いよ」と人からアドバイスをもらっていた。 
それを聞いて、私はアイスノンを持って行くことにした。 
タオルはなんか面倒やったので。 

だが、なんとなく気が変わり、タオルも持って行くことにして、凍らせていた。 

で、当日。 
アイスノンはやたらと早くにあかんくなることが発覚。 
しかも、いったんぬるくなったら、もう冷たくはならない。 

一方、凍らせタオル。 
湖東辺りでカバンから出すと結構、まだ冷たい。 
しかも、自由自在に形を変えることができるので、首だって巻ける。 

しかも、ぬるくなっても、乾かない限りは、風のおかげで、また冷たくなる。 

夜の虫対策として、マスクにもなる。 
濡れてると、顔にはり付いてくれるので、タオルが落ちないのだ。 

濡れタオル、万歳。 

4・距離

母に「○○(弟)は尼~神戸間を自転車で往復してた」と言われたのが、悔しかったので、翌日、携帯ナビにて距離を測定してみた。 
弟が神戸のどこに住んでいたのかは知らぬが、尼~垂水辺りが約40キロ。 
「なんじゃい、南湖よりも短い距離やん」と。 

ちなみに草津~尼間は約80キロ。 
往復した距離が北湖一周というわけか、と。 

ちなみに160キロはおよそ尼~岡山駅間ぐらい、とのこと。 
それを知り、ようやく母は「そうなん?すごいな!」と。 
ふふふん。 

5・ダメージ

そんなに日差しがキツい中、走ったわけでもなかったのだが、お風呂に入ったらヒリヒリするぐらい腕が日に焼けていた。 
しかも、中途半端な位置から。 

あと、帰ってきてから、目からジワジワ涙が出続けていた。 
目が相当疲れていたもよう。 

風に当たり続けていたのが負担やったのか、日差しが負担やったのかわからんけど。 
サングラスは、あった方が良い気がする。 

6・服装

体が疲れにくい楽な服装やったのは良かった。 

ヘビやら何やらの対策として、長ズボンの方が良かったのか?と思ったりもする。 

7・感想いろいろ

・しんどかったのは湖東。 
しんどいとの噂だった風車街道は快適だった。 

・もう二度とやりたくないと思ったが、やっぱりまた行きたい。 
今度こそ、琵琶湖全体を。 

・体の調子は大事。 
トイレが近い日なんかに決行するとたぶん大変。 
その辺の管理は大切に。 

・この旅は、本当にオススメ。 
体力がないことで有名な私でも出来たので、みんな出来るはず。 

行く前、いろんな人から止められてたけど(絶対無理やから止めとき!と)、なんで止められてたのか未だに意味がわからん。 

・挑戦する際は、前夜、うちに泊めてあげても良いけど、隣人が騒がしいからね。 
眠れなくても知らないよ。 

8・記録

・走行距離 
約163キロ 

・走行時間 
約11時間 

・トイレ休憩 
二回 

・飲んだもの 
ポカリ500ミリ 
スポーツドリンク500ミリ 
おちゃ280ミリ 
ミルクティ140ミリ 
レモンティひとくち 
飲むゼリー1袋 

・食べたもの 
スティックパン約4本 
モナカアイス 

・走行中 
ひたすら独り言か熱唱


おわり。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

絵本「おおきくなるっていうことは」。

中川ひろたかさんの「おおきくなるっていうことは」
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)

毎年、この時期になると読む、わたしの好きな絵本です。

内容は、
「おおきくなるっていうことは、こういうことだよ」
というのが、かわいらしい表現で次々と出てくる感じです。


どのページもほのぼのして好きなのですが、
その中でも、わたしが好きなのは、

「おおきくなるっていうことは
 たかいところから とびおりられるってこと」
「それもそうだけど
 とびおりても だいじょうぶかどうか
 かんがえられるってことも
 おおきくなるっていうこと」

というところです。


できることが増えていくことも、大事ですし、うれしいことですが、
考える力、判断する力、自分のことがわかる力…、
目には見えないそんな力がとても大事だとわたしは思います。

そのためには、
一に経験、二に経験、
なのでしょうね。

いい年した大人のわたしでも、未だに経験しながら、そんな力をつけていっているような気がします。


ちなみに、
この絵本の中に
「おおきくなるっていうことは
 あんまり なかないってこと」
というフレーズがあります。

確かにそうだけど、
ある一定の年齢を越えると、
逆に、涙もろくなってくるよなぁと思うわたしです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

花束を君に。

昨日いただいた花束。

昨夜は、疲れてそのまま寝てしまったので、
今日、ようやく瓶に活けた。
f:id:ama-shinon:20170318175454j:plain

うちには、花瓶がないので、空き瓶やけど。

さらにいうと、飾りのセンスもないので、
いただいた状態のまま、
少し茎を切っただけやけど。
(右のは、もう少しもう少し茎を切った方がバランスが良いのかな。)


最近、宇多田ヒカルの曲が、ずっと頭の中で流れていた。
先日、作ったムービーのBGMに、その曲を使ったからやけど。

こうやって花を眺めていると、また、頭の中で流れ始める。


ところで、こういう花を長持ちさせるには、どうしたら良いんやろうか。

以前、「お花を絶やさない生活」をしていたことがあった。
そのときも長持ちさせるって、難しいなぁと感じていた。
特に、ガーベラなんかは、すぐに茎が曲がってきてしまって…。

今回、どれくらい持たせられるかは、わからないけれど、
少なくとも、この3連休の間は、大丈夫だと思うので、
貴重な今を楽しもうと思う。


そんなわけで、昨夜というか今日は、本当によく寝た。
昨夜の2時前から、今日の正午まで、
一度も起きることなく、熟睡しつづけた。
久々にすっきりと目覚めたような気がする。

目覚めたら、そこには「花」。
最高ですね。

3連休初日に「花」。
最高ですね。

ずっと、今日が続いたらいいのに。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ただただ感謝の一日。

f:id:ama-shinon:20170318005334j:plain
今日は、卒業式。

お花をいただいた。
二つ。

昨日は、教室飾り用に小さなお花が届いた。

それだけでも気持ちが和らいで嬉しかったのに、
今日は、花束二つ。

お花そのものに対する嬉しさは、もちろんだけど、
それを用意するために費やしてくれた時間など、そんなこともとても嬉しいし、ありがたい。

最近、バタバタしがちで、ちょっとした時間すら作れなくなりつつあるわたしなので、
そうやって、忙しい中、時間を作ってくださったことが、本当にありがたいことだと感じる。


「わたしは、たいしたことしていない」というと、逆に無責任なのかもしれないし、
決して、手を抜いたつもりはないし、精一杯やってきたつもりなのだけれど、
終わってみれば、そんなたいしたことができていないのかもという気がするのが正直なところ。
だって、実際、がんばったのは子ども自身なわけだし。

なのに、こうやって、終わりには、感動や幸せが待っている。
(いや、終わりに限らず、ふとしたときにも感動はある。)

ご縁あって担任をしただけなのに、
なんて贅沢で幸せな仕事なのだろうと、つくづく思う。

子どもたちの素敵な姿をみることができた上に、そんなことまでしていただいて、
本当に感謝しかない。


この1週間、帰る時間が遅くなりがちで、
毎日眠くって、
今朝も予定より30分くらい遅く起きてしまったので、
朝からバタバタの始まりだったけれど、
全て無事終了。

さみしいけれど、全て終了。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村