ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

室内の片付けと手作りマスク。

何度か書いていますが、4月から少しずつ室内の片付けをしています。

もう少しで、「一通り片付けた」という段階に入りそうです。

そんな広い室内でもないのに時間がかかりすぎでしょうか。

ちなみに、ここで言う「片付けた」の意味は、
「中を確認して、“いる”“いらない”に分けて、もう一度、片付け直す」ということです。

今のわたしは、どこに何があるかすら、把握していない状態なので、それをしているのです。


ということで、気が向いた日に、一ヶ所ずつ開けてみて、中を確認して…ということを少しずつしています。

確認した結果、“いらない”に入ったのは、どれくらいでしょう?
これまでに捨てた量はどれくらいでしょう?

「ごみ袋○つ分」などと言いたいのですけど、少しずつ進めていたので、わかりません。

そんなにたいした量ではないような気もしますが、それなりに捨てたつもりです。
棚やクローゼットの中に余裕が生まれましたので。


***


「どこに何があるかすら、把握していない」ということは、いろいろな発見があるということです。
「こんなところにこんなものが!」です。

懐かしいものだったり、
紛失したと思っていたものだったり、
記憶にないものだったり…いろいろです。

仕事をしていたら、「そんな発見は時間がもったいない」というか、「そんなんだから片付けに時間がかかる」「片付けはやめておこう」となるのですけど、今は仕事をしていないので、その発見に付き合うことができます。
ありがたいことです。


***


数日前、クローゼットの上段・中段を整理しました。

いらない箱・カバン・服…いろいろ出てきました。

その中に、ハンカチが何枚かありました。


以前、書きましたが、普段は、わたしはハンドタオル(タオルハンカチ)しか使わないので、「手作りマスクは作れないな」と思っていたのです。
「布なんかないよ」と。

なので、こんなところにハンカチがあったとは…です。

ただ、
これからの時期、これで作ったマスクは暑いかな…とか、
この柄のマスクをするのは勇気がいるな…などと思ってもいます。

どうしようか迷うところです。

まぁ、そもそも、不器用なので、作れるかどうかすら、わからないのですけど。



今、読み返したら、「よさげな布が出てきたら、そのときは、真面目に作ろうとは思っています。」って書いてる。
ama-shinon.hatenablog.com