ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

本を手放すということ。

<今日の川柳>
楽しみに していたポテサラ 傷んでた

*****


3年前に書きました。
これ

処分する本を探していたら「この世界の片隅に」が出てきた。 - ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~



この世界の片隅に
処分する気にならず、ずっと保管していましたが、
先日とうとう処分対象になりまして。

出品したところ、本日とうとう売れました。



さみしいですね。

でも、次の人が読んでくれるのは、ありがたいですね。

持っていても、度々読み返すわけではありませんでしたからね。



「ほんまにまた読みたくなったら、そのときにまた買えば良い」
と思いながら、その他の本も少しずつ手放しています。

本当に必要になったら、また手に入れようとするはずです。
そのときまで、少しの間、さようなら、というわけです。



それにしても、衣類はわりとあっさりと手放せるのに、本は少し迷いが出るのは何故でしょう。

本に比べると、服の方があとから同じものを手に入れるのは難しいですのにね。

わたしにとったら、服より本の方が価値があるからですかね。


おわり。