ぐうたら人間のヒトリゴト~心・身・食・読・音~

一人暮らしの日々、仕事のこと、世の中のことを日記・記録・メモ・独り言としてとりあえず綴る場所・・・

【バセドウ病】病院に行くまでと行ってからのこと。

体の異変を感じてから病院に行くまでに、約4ヶ月の期間がありました。

ama-shinon.hatenablog.com


あれだけの症状がありながらも全然病院に行かなかったのは、まさかバセドウ病だとは思わなかったからです。

どれも気のせいだと言えば気のせいに思える症状ばかりです。

年のせいで体力が衰えてきたのかなとか
疲れ気味なのかなとか。

周りの人にも冗談っぽく異変を話していたのですが、誰もまさかそんな病気だとは思わなかったようで、病院を勧められることはありませんでした。


なので、病院に行ったのも、たまたま心臓の検査に行ったのがきっかけでした。

その頃には、じっと立っているだけでもしんどいくらいになっていたのですが、
そこで、色々検査をしてもらった結果、バセドウ病だということがわかったわけです。


バセドウ病だとわかってからは、すぐに薬での治療が始まりました。

ですが、飲んだらすぐに効くというわけではありません。

数日は、全く変わりない状態でした。


記憶があいまいなのですが、確か1週間くらいしたら、少しだけ、息切れがしにくくなったと思います。

ですが、他の症状は続いていました。

体が楽になってきたのを感じたのは、1ヶ月くらい経ってから。

じっと立ち続けることができるようになってきましたし、その頃には、足のむくみや手の震えはなくなっていたと思います。暑がりは相変わらずでしたが。

その後、少しずつですが、階段をのぼることができるようになったり、走れるようになったりして、体が元に戻ってきていることを感じました。


そして、それから、もうずいぶん経ちますが、今は、日によって…というところです。

がんばりすぎたり、寝不足が続いたりしたときは、とてもしんどくなりますし、そうでなくても、やたらとしんどい日もあります。

ama-shinon.hatenablog.com